結婚印鑑セットは何がおすすめ?

人生の節目の印鑑

結婚という人生の嬉しい節目に立つとき、多くの女性は姓が変わる、という経験をすることになります。
姓が変わるということは、人生の新たなスタートを切ることを意味するものです。
新しい姓になることにより、変更が必要となる手続きは多数あり、結婚したばかりの女性にとって新しい姓の印鑑は、必要不可欠のものとなります。
姓が変わるという重要な人生の節目において、新しい姓の印鑑はいろいろな決意を新たにしてくれる、大事なアイテムです。

 

必要となる手続きと印鑑

結婚を機に必要となる手続きに付随し、必要となる印鑑にはいくつかの種類があります。
認印をはじめ、銀行印や実印などがあり、必要な手続きには代表的なもので、下記のようなものがあります。

 

(認印)

・転入届
・運転免許証の姓変更
・パスポートの姓変更

 

(銀行印)

・銀行や郵便局などの金融機関に関する姓変更
・携帯電話をはじめとする公共料金の引き落としに関する手続き

 

(実印)

・新しい姓での印鑑登録

 

おススメの結婚印鑑セット

前述のとおり、印鑑には用途別にいくつかの種類がありますが、姓が変わることによりそれぞれの印鑑が必要となります。
旦那さんが所持している印鑑をそのまま使用しても問題ありませんが、結婚を機に認印・銀行印・実印の3本をセットとした印鑑セットを自分用に準備しておくと、とても便利です。
印鑑は使用されている素材によっても、雰囲気や使い勝手に大きな違いが現れるものです。
結婚を機にそろえる「ブライダルセット」としてオススメしたい印鑑セットには、下記のようなものがあります。

 

ローズクオーツハイクオリティ

紅水晶とも呼ばれる素材を使用した印鑑で、宝石印鑑とも呼ばれることがあります。
天然石をはじめとするパワーストーンによって作られた印鑑は、パワーストーンに宿った不思議な力によって、守護石として使う人の幸せを守ってくれます。

 

パール加工

柘素材の表面に美しいパール加工が施され、女性らしさを演出してくれる印鑑です。
3本セットの印鑑それぞれを好きな色に加工してもらうことも可能で、それぞれの印鑑を区別しやすくすることができます。
はじけるような発色の美しさが、女性にぴったりの印鑑です。

 

彩樺

優しい木目の雰囲気が、女性に多くの人気を集めている素材です。
一般的な木材よりもはるかに耐久性が高く、ヒビや割れ、かけ等が発生しにくい素材として多くの人から利用されています。
長く使用することを考え、耐久性とデザイン性に優れる点を重視し、選ぶ女性が多くなっています。

 

印鑑を選ぶ目的

結婚を機に印鑑を新調する際、何を重視して印鑑を選ぶのか考える必要があります。
耐久性を重視するのか、自分の気に入った素材を優先するのか、結婚記念にあえて高級な素材を選ぶのか、その目的を明確にすることが大事です。
目的をはっきりさせてから選ぶことで、一生ものの、自分だけの貴重な印鑑を手にすることができます。